カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


日本画報の表紙  鹿子木 孟郎のこと

日本画報は、新聞日本の附録として始まった写真雑誌だが、初期の表紙は主として日露戦争の戦争画で飾られている。アルファベットのサインを読むとKANOKOGIとある。
これは鹿子木孟郎、かのこぎ たけしろう、と読む、のことだ。

倉敷市立美術館の画家列伝には次のように紹介されている。

「洋画家。岡山市に生まれる。1888年、松原三五郎の天彩学舎に入学。1890年、岡山中学予備校図画教員をつとめるかたわら、自宅で洋画研究所を開く。1892年、上京して、小山正太郎の不同舎に入る。1901年、満谷国四郎らとともにフランスに渡り、アカデミー・ジュリアンに通う。1904年、帰国して、京都に居を定める。1905年、浅井忠、田村宗立らとともに関西美術院を創設する。1906年、再び渡仏し、アカデミー・ジュリアンでJ.P.ローランスに師事する。翌年、パリのサロンで「少女」が入選。1908年、帰国し、関西美術院の院長となる。文展・帝展の審査員を歴任するとともに、1918年にはアカデミー鹿子木下鴨塾を開き、多くの後進を指導した。1932年、フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章を贈られる。堅実なデッサンと巧みな明暗の処理など、伝統的でアカデミックな作風で人物画や風景画を制作した。」
(倉敷市立美術館 アーティストリスト)

この紹介によれば、明治期の洋画家の典型的なコースを辿ったと思うが、この日本画報が明治37年6月から発刊されていたことを考えると、最初のフランス留学から帰ったばかりのタイミングでこの仕事をしたことになる。しかし京都に居をかまえる、とすると画稿は誰が仲立ちしたのだろうか。
この翌年、浅井忠らと関西美術院を創設した、とあるが、浅井が羯南の囲碁友達でもあり、小日本の挿絵画家にと、子規に中村不折を紹介したのも浅井であった。
 明治32年11月に浅井が渡仏する送別の碁会を大宮で(長清会大宮遊図巻がその時の様子を今に伝えている。文章は羯南、絵は浅井。長清会については、つかもと君が囲碁の話として伝えてくれると思いますが)三山、雪嶺らとともに催すなどと本当に因縁浅からぬ関係であることを考えると、そこにも浅井の仲立ちがあったのかもしれない。
 浅井もやはりパリに明治35年までいたことも合わせると、パリ留学先で重なる時期もあり、フランス留学時代の知人なのかもしれない。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-11-05 23:57 | トピックス | Comments(0)
<< 言(こと)あげせず  羯南の寡黙 最上巴さんの福富孝季に関するコメント >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧