カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


27歳の子規が遺したもの (その3)


学年末試験に落第したのが、2年前のこと。
日本新聞社に入社して1年ばかりの新米記者ながら、明治27年2月に創刊された新聞「小日本」編集主任には、27歳の正岡子規に白羽の矢が立てられた。

家庭向け新聞の編集長に、である。

愛媛は松山で育ち。二十歳ごろにはベースボールに熱中し。
俳句の革新運動に燃え。病弱で、喀血も経験し。
東京帝国大学国文科を退学した正岡子規が任ぜられた。

今日でいえば。月刊『家庭画報』の編集長を、ハーグの国際司法裁判所に留学し、国際法の研究に燃える色白の法学部卒業生がつとめるような、そんなミスマッチ感がただよう。

就任の理由は、すぐれて優秀だったから、ではなさそうだ。
専門書によれば、人材不足によって、他に適任者がいなかったのが最大の理由といわれている。

ただし。
この点、深く触れるまでに論考はいたっていないのであるが。

病弱で、性格も穏やかで、お故郷ことば丸出しの俳句青年がなぜ編集主任に、という理由は、人材不足だけだったのか?

むしろ、あの偏屈な夏目漱石と交わり、徹底した天才リアリストの秋山真之・海軍中将と生涯の友と認め合い、高浜虚子・河東碧梧桐を従えるだけの「何か」があったのではないか。

その「何か」を「人間的魅力」といってしまうと、通俗一般論の域を出ない。第一、そんなホンワカしたものだろうか。

旧来の俳句を木っ端微塵に論破する「攻撃性」と、病身ながら遠出にでかけても決して根をあげない「意地っ張り」。
陸羯南は、ここにピンとくるものがあったのではないか。あくまでも、直感に過ぎないが。(この項、続く)

こんどう
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-11-02 15:20 | トピックス | Comments(0)
<< <大日本>のこと 金州の句碑 従軍記者 子規 >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧