カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と篤麿>“近衛篤麿日記”・書簡を読むーその七

  当時の中国をめぐる国際情勢は、19世紀中葉に勃発した西欧列国の中国侵略が、日清戦争の清国の敗北を契機に益々加速されていた時期にあたる。日本は目の前に中国が蚕食されていく有様を見、自国の防衛上、その蚕食に加わるか、中国を<保全>する側に立つかの議論がなされていた。

 この会は、上記の綱領、主意書にあるように、中国を<保全>する側にたった組織であり、それが日本の防衛、発展に繋がる、という立場を明確にしている。(そのために朝鮮の改善も重要事となってくる。)篤麿は、別の場所で<亜細亜のモンロー主義>という発言をしているが、このモンロー主義が果たして誰にとって利のあるモンロー主義であったのかがその後の日中関係に影をおとしていくことになった。(早期の日独及び日露開戦の提言にも発展していく。)

 この会は、結局その後の日中関係の中で、日中の和解を探る人材育成の役割と、侵略の先兵の役割というアンビバレントな性格を併せ持つ組織となっていったが、その創立時点での理想は、日本の安全保障とそれをバックグラウンドとして支えるアジア、とりわけ中国における平和確立という高度な目標をもっていた。それが北清事変、日露戦争、辛亥革命を経ることによって、満州国設立による日本の中国本土における利権の確保に展開していったことが多くの悲劇を生んでいくことになってしまった。

  その後、8日に羯南と三山は、<東亜同文会>の件で篤麿を訪問、10日・23日には再度東亜同文会の会合があり、会の将来像などにつき協議している。特に23日の会合では雑誌発行の話題も出ており、これが12月の<東亜時論>の発行に結実している。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-09-30 13:25 | 研究 | Comments(0)
<< 羯南と野間清治 その一 羯南と雪嶺 >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧