カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


谷干城遺稿より(書簡ー1)

 引き続き、「谷干城遺稿 三」〈書簡部分)および「陸羯南全集第10巻」より拾い読みを続ける(解説は有山輝雄著「陸羯南」、他による)。

 大津事件*に関して、谷干城と陸羯南は意見が対立している。
 
 *明治24年5月11日、大隈重信外相の後を受けた青木周蔵外相のとき(関税自主権の回復、領事裁判制度撤廃の案をもってイギリスと交渉中)、大津事件が発生した=滋賀の大津で、日本訪問中のロシア皇太子アレクサンドロビッチを、警護の津田三蔵巡査が襲い、負傷させた事件。政府は皇室罪を適用、死刑にしようとした。しかい、大審院長児島惟謙は一般の謀殺未遂事件として無期懲役の判決とし司法権の独立を守った。

 明治24年6月4日(原文では5月4日)の谷→羯南宛書簡では
 「三蔵刑法之事に付きご意見申越承知いたし候。・・・今般之事は日本は世界にない歴史を作り、又我が陛下には終古なき御心痛を奉掛候に付・・・野夫は魯を恐るる者には非ず、・・・如何にも非常絶無の大変と考えふれば、又非常絶無之所置を為さるべからずと考ふ。・・・皇室罪に准じて擬律す可なり・・・決て今般の事を尋常一様の律を以て断する不可なるを信じるなり。故貴諭の論には到底従う不能なり」とし、
「国法の一歩も曲くべかざる」としている主張していた陸羯南の意見に反対している。 
 
 有山輝雄氏は、「羯南は政府の検閲や発行停止を受けながら、他方では谷干城と意見が食い違うなど非常に苦しい立場に陥ったのである。ただ、羯南が、自説を曲げた様子はない」と書いている。                    しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-08-12 00:51 | その他 | Comments(0)
<< 谷干城遺稿より(日記ー5)  日露戦時旬報 >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧