カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


ごとごと(後藤)言わずに  心配(新平)するな  

 青森、弘前、盛岡、又しても台風の中、羯南を一緒にたどった、かめたに君、ひのさん、と別れて、水沢へむかった。

 水沢は、後藤新平の故郷である。

品川弥次郎、谷干城、近衛篤磨、と強いバックアップを持った羯南が近衛の突然の死に、次の後援を求めたのが、この後藤新平だったようだ。

 有山先生の<陸羯南>では、近衛家への借金の肩代わりを、後藤新平へ求めようとする羯南の苦闘する手紙が引用されている。

<新聞社の方之事情ハ此春後藤と内談ヲ重ね、

愈々近衛家之方ニ而抵当解除ニ相成候上ハ

更ニ後藤之方へ抵当ニさし入れ可申内約ニそれを目当ニ無理算段致し

辛うじて今日迄維持致居候>

(明治38年5月31日 富田鉄之助宛書簡  全集第10巻  みすず書房)

 仕事がら、キャッシュフローに苦労する話は日常茶飯事だが、羯南も、本当に追い詰められていたものと拝察される。
同じ書簡集に、後藤新平からの手紙も、ニ三、掲載されているが、明治31,32年とする書簡もあるので、それなりの付き合いを重ねてきた関係だったのであろう。

 後藤新平は、掲題に掲げた警句のように、度量の大きい政治家であったが、もともとが医学を学んだ理系思考の人物だったようで、金廻りの方は実にキッチリしていたものと思われる。

水沢の街は<後藤新平・斉藤実 生誕150年>の旗であふれており、羯南もあわせてこの三人が同い年であったことに気づかされた。
後藤が羯南について語っている文章はないのだろうか。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-08-08 03:32 | 紀行 | Comments(1)
Commented at 2007-09-16 02:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 台風の中「北のまほろば」 <羯南と篤麿>“近衛篤麿日記”... >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧