カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


谷干城遺稿より(日記ー2)

引き続き、「谷干城遺稿二」から、谷干城の日記をみる(解説部分も、同じく有山輝雄著「陸羯南」によっている)。

明治22年7月7日
 「朝 井上毅氏を訪ふ談改正条約のことに及ぶ 井上氏曰く大隈氏の改正案は或部分は反対なり或部分は同意なり・・・晩に杉浦、高橋、福富、陸、弘田、佐々、小野氏等来る新条約に対する意見を定むる為なり確乎反対と定む」

 谷干城を中心に乾坤社メンバー、羯南らが集まり、断固反対方針を決定した。それまで態度を保留していたが、条約改正反対論を明確に打ち出すこととなった。重要問題に関する「日本」の言論が、谷干城を中心とする合意で定められていた。

明治22年10月18日
 「・・・大隈氏狙撃せらるるの聞へあり・・・與論は即ち天意なり、・・・頑冥者少しく戒むる所あらん哉」

 大隈重信外相暗殺未遂事件について、「日本」は毎日新聞を長く引用、暗に狙撃を肯定するかのごとき感想を記している。
 この後、政局は一気に流動化し、反対運動は目標を失ってしまった。谷干城・浅野長勲・三浦悟楼らの意見も合わず、谷干城の新党計画も頓挫した。しかし、谷は、「国民主義者」の結束を維持しようとした。
 
明治22年12月25日
「・・・夜三浦、浅野氏等を始め杉浦、高橋健三、中村弥六、柴、古荘、国友、国府寺、千頭、宮崎、福富、陸氏等来会各地の国民主権者の為目標を建つるのことに評議す篤と評議の上明年一月十日頃迄に決することと為す」

 この段階の羯南は、党派結成には消極的で、「日本」は、與論の役割を「批判」に限定する主張を掲げている。新聞は、政策を掲げて政権を争う政党とは異なり、〈理〉にたった「批評」こそが、独自の機能であると考えていた。

しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-07-15 01:25 | その他 | Comments(0)
<< <羯南と篤麿>“近衛篤麿日記”... 司法省法学校 >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧