カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


官立宮城師範学校

 羯南は、明治7年地元弘前の東奥義塾を退学し、仙台に設立された宮城師範学校へ入学した。

 <宮城県史>11巻教育に師範学校が紹介されている。

<官立宮城師範学校は、明治6年8月18日の文部省布達によって、大阪師範学校と同時に、東京師範学校に次いで仙台に設置することに決定し、初代学校長として藩士であった大槻文彦が任命された。>

  教育の近代化を矢継ぎ早に進める明治政府は、各地に師範学校を展開していった。対象学区は

 新潟県、柏崎県、置賜県、酒田県、若松県、長野県、相川県、新川県(第六学区)
 宮城県、磐前県、福島県、山形県、水沢県、岩手県、秋田県、青森県(第七学区)

で、入学生徒の年齢が20歳以上35歳までであったことを考えると、18歳で入学を許された羯南は最年少の部類であったのだろう。

 <12月生徒の学業を試験し、下等小学第七級に進めたものが13人、元級に止まったものが27人、発音が正しくないために退校されたものが6人もあった。>

 46人中、進級できたのが13人だったというのは、その教育の厳しさを伺わせる。

 仙台在住の同窓の友人たかはし君に案内して頂き、宮城師範学校の跡地を訪れた。藩校である養賢堂のあった跡地に建てられた学校であり今の県庁の前庭の部分にあたるという。今は県庁に来訪する人々のための駐車場になっている。植木の中に、白いモニュメントのようなものを見つけたが、それは旧県庁舎の塔頭であった。今となっては学校を偲ぶ縁はない。

 県財政厳しきおりから、この駐車場も4月から有料になったという。杜の都、東北地方の首都も経済の荒波にさらされている。誇り高き仙台商人も他県からの攻勢にさらされて落城のうきめにあうところも増えてきているという。しかし日本中、どこへ行っても同じような町並みになってしまうことは、本当の意味での日本の底力を削いでしまうことになるのではないのだろうか。

たかぎ

[PR]
by kuga-katsunan | 2007-07-02 23:38 | 紀行 | Comments(0)
<< 陸羯南記念事業 谷干城遺稿より(日記ー1) >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧