カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


俳人から医師へ  露月 石井祐治

  医師をやめて俳人になった五百木飄亭がいれば、俳人でありながら病弱であったため、結果自らが医師となった新聞日本の記者もいた。
  露月こと石井祐治である。

  露月の出身地である地元秋田市教育委員会の紹介によれば

<明治6年5月17日~昭和3年9月18日。
秋田市雄和女米木出身。
正岡子規門下で高浜虚子・河東碧梧桐・佐藤紅緑とともに、子規門四天王と称された、日本派俳壇の巨匠です。>

 (秋田市教育委員会雄和公民館 HP)

 露月は子規との出会いの回想に、<小日本新聞社>、<日本新聞社>への入社のいきさつを書いている。
 もともと文学を志望して秋田から上京したのだが、坪内逍遥に、文学には、天才と資本が必要、と断られてくさっていた。そこへ友人から子規の従兄弟である藤野古白を紹介され、その縁で子規にあうことができた。

<余は小日本社編集局の一隅に居られる事となって、大得意で浅草の医家を引払った。
(中略)
先づ来合わした不折子のために忽ち余の似顔を壁上に貼られた、そこには子規君のをはじめ社中の皆々のが同じく貼られてあった。
(中略)
 余は飄亭即ち当時の艶種記者たる五百木氏に属して普通の小雑報書きとなった。>
(<吾家の子規居士> 明治35年11月9日  俳星  第三巻第八号)


 子規、不折、そして飄亭と、まさに役者がそろっていた。新聞<小日本>には若手が自由につくる、瑞々しい雰囲気があふれている。

  <桃の酒 さめて桃散る 日暮れかな   露月>

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-05-12 08:45 | トピックス | Comments(0)
<< 「この国のかたち」から 文学と政治の間に  飄亭 五百... >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧