カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


羯南没後110年に向けて

 来年2017年は、羯南の没後110年の年にあたる

 2007年の没後100年には、地元弘前市で、記念の展覧会も開かれ、その業績が偲ばれた。
更に10年が経過して、日本のアジア地域、また世界の中で、おかれている状況は、ますます複雑化し、改めて、もし羯南が今も生きていたら、何を訴え、何を為したであろうかと、問い直される機運が高まっているようにも思える。

 先月、弘前で開かれた陸羯南会の総会に出席させて頂いたが、今、まさに青森から中国の天津への直行便就航の議論がなされているという。
かって、鉄道が青森まで延びるときに、その効用を羯南が説いたことがあったが、地元から中国へ直接行けるようになるかもしれない事態を見た時、彼が何を訴えるか
 
 奇しくも、1901年に羯南が、近衛篤麿の誘いで中国を訪問をした際に、最初にその一歩をしるしたのは天津であった。今や、日本のほとんどの地方空港に中国各地からフライトが実現するようになった事実は、単なる<爆買い>招聘のみならず、中国からの目線では、そこに別の企図があるものと、考えたほうが良いのではとも思えてくる。

 その背景にあるものは何なのか
そして、また多くの観光船が、日本の港に、中国の観光客を運んできている。今は、観光客であるが、それを運びながら、今後、何をしようとしているのか

 没後110年に向けて、彼が育てた人材の振り返りとともに、彼が見た国際環境と現在の国際環境を比較しつつ、彼の視点の現代における意義を改めて検討することは、深い意義を有しているものと思量される。

たかぎ

 
[PR]
by kuga-katsunan | 2016-03-12 05:25 | トピックス | Comments(0)
<< <羯南と古島一雄>(93) 私... 「海難1890」と山田寅次郎 >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧