カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(87) 私立大学評判記(その76)

 今回から「私立大学評判記(二十四)慶応義塾の学風(一)」に入る。
 古島一雄は、慶応義塾の大学・高校・中学校・小学校それら全体に漂う学風をテーマに、15回にわたって分析を続けて行く。学風こそ学校・大学の本質である。古島はそのことを理解していた。15回というこれまでにない回数を重ね慶応義塾の学風が掘り下げられて行くのである。

 古島は当回でまず慶応義塾についての一般的な世間での評価、それもむしろ悪評を取り上げ、その3つの疑問として投げかける。すなわち、慶応義塾が、(1)「拝金宗」、(2)「素町人主義」、(3)「常識教育」であるという疑いである。
 最初に(1)「拝金宗」から古島が述べるところを聞いてみよう。

 「世人は福沢氏を拝金宗の開山上人なりと云う、非乎。世人は慶応義塾を拝金宗の伝道場なりと云う、非乎。三田の市民は彼を見て日本一のシミッツタレと為し、芝の区役所は彼を以って多少インゴウなる親爺と為す。」

 学校経営が困難な点も多く、資金繰りに苦労していたことを考慮しても、痛烈な批判である。福沢諭吉と慶応義塾自体に世間では当時こうした見方があった。
次に、古島は以下のように続ける。

 「若し郷党の言う所、以って多少の信を置くものありとせば彼は確かに拝金宗の本尊なり。高橋義雄は拝金宗なる一書を著し、中上川彦次郎は井上伯の為に令嬢の靴の紐を結ぶ、若し其門下の為す所を見れば彼は確かに拝金宗の伝道者なり。彼の慶応義塾の評議員たる阿部泰造を見よ。ジユウ的人間とし恥ずかしからぬ見本にあらずや。夫の福沢氏が愛重したりし井の角を見よ。又た更に立派なる標本にあらずや。」

 福沢の教えを受けた門下生は“拝金宗”の実践者であり、上記の高橋義雄、中上川彦次郎、阿部泰造、井の角こと井上角五郎は代表的なお手本であるという。ちなみに、高橋義雄は三越の経営者であり、後に茶人として知られた。中上川彦次郎は周知のように三井財閥の中心人物であり、阿部泰造は政府で司法官僚として活躍、井上角五郎は政治家としても事業家としても多才であった。

 古島は最後に次のような疑問を呈する。

 「而して更に其門下の多数が如何に拝金主義を奉じて社会に立ちつつある乎を見れば、彼は確かに其宗旨の伝播に成功したりと云うべきなり。拝金宗の開山上人、是れ果たして彼の志なりし乎。」

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2015-07-27 07:31 | その他 | Comments(0)
<< 「孤高の新聞『日本』」公開講座 中江有里の直球&曲球(産経新聞) >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧