カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


中江有里の直球&曲球(産経新聞)

 研究会のメンバーの一人、いぬい君から今日の産経新聞に展覧会の記事がのりました!と連絡を頂きました
 以下、同紙のネットに掲載されましたので、採録させて頂きます。

「独立新聞〟を守り続けたジャーナリスト・羯南に感銘
 
  現在、日本新聞博物館(横浜市)で開催中の企画展『孤高の新聞「日本」-羯南、子規らの格闘』を見てきた。明治中期に新聞「日本」を創刊した陸羯南(くが・かつなん)と、正岡子規の関わりを中心に構成されている。子規の『墨汁一滴』に続き、死の2日前まで書き続けた『病牀(びょうしょう)六尺』が連載されたのが新聞「日本」だと知っていた。今回の展示では連載媒体であった新聞「日本」および陸羯南について初めて知ることが多かった。

 「日本」は大日本帝国憲法の発布式と同じ日に創刊した。そして、政党機関誌や営利新聞を否定し「独立新聞」であることを紙面で宣言している。政府に対する批判を展開したため、計30回、230日にわたる発行禁止処分を受けた。

 しかし、処分にひるまない羯南のもとには多く俊英が集まった。その一人が子規だった。故郷松山からひとり上京した子規は、叔父から羯南を訪ねるように言われた。弱冠16歳の子規の才気を感じた羯南は子規を新聞社社員として誘い、「日本」のみならず、続いて創刊した「小日本」の編集主任をまかせた。

 子規が病に倒れて出社できなくなってからも、給料を払い続けて生活を支え続けた。 つまり、羯南がいたから、現在子規の作品が残っていると言っても過言ではない。それは金銭的なことだけでなく、羯南が新聞「日本」を守り続けたことが大きい。子規がいくら作品を書いても、読み手がいなければ意味がないのだから。
 
 自らの信念を貫いた新聞が発行禁止になれば当然読まれることはない。しかし政府や読者に迎合すれば、独立新聞ではなくなる。羯南はずいぶん苦しんだだろうと思う。
 
 現在新聞は発行部数が徐々に減っている。人口の減少もあるが、私の周囲では「ニュースはネットで事足りる」という声もある。情報のスピードやリアルタイムの状況を知るのにネットは便利だ。だがネット情報は真偽のほどが分からないし、ニュースのその後や検証は新聞が力を発揮するところだろう。
 
 羯南のジャーナリストとしての姿勢に深く感銘を受けた展示だった。」
(2015年7月16日 産経新聞)

http://www.sankei.com/column/news/150716/clm1507160009-n1.html

 筆者は、往年のポッキー四人娘の一人、女優の中江有里さんです。

 その後、舞台の台本もかかれたり、テレビの書評番組の司会をされたり、と有り余る才能をあちこちに開花されていらっしゃる。

 簡潔かつ暖かい御紹介で、改めて、天は二物も三物も与えているという印象を深くした次第です。

 独立新聞、の一語が改めて光って読めました。

たかぎ 

    
[PR]
by kuga-katsunan | 2015-07-16 21:36 | ニュース | Comments(0)
<< <羯南と古島一雄>(87) 私... 加藤さんのブログ >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧