カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(83) 私立大学評判記(その72)

 学校の存続にとって、次に重要なことは「共同体性」の確立である。
 それについて教育社会学者の天野郁夫氏が『大学の誕生(下)』(中央公論新社)で指摘しているが、ここではそれを敷衍して展開させていただく。

 「共同体性」とは、教職員・学生・卒業生による連帯感や一体感のことであり、学風に組み込まれている。学校はそれにより、永続的な組織体を維持することができる。

 その「共同体性」を支える要素が3つある。その最大のポイントは、専任の教員集団の存在である。学校の中心となるのは、やはり教員である。教員は言うまでもなく教育の担い手であるとともに、学風醸成の中心でもある。

 これまで触れたように、明治時代、慶応義塾大学・早稲田大学と明治大学等の他大学との評価が分かれたが、その要因は専任教員集団の存在にあった。慶応・早稲田は彼らに給与を支給し、海外留学へ派遣するなど、教員の養成に余念がなかった。したがって、彼らも給与によって生活が安定し、フルタイムで教育・研究に専念することができた。さらに彼らは学生と一緒に寄宿舎で生活し、日常生活が教育の場となっていた。

 一方、他大学の教員は、弁護士業や官吏等の本業を持ち、無給で、しかも夜間という限られた時間しか与えられていなかった。

 現在でも、専任教員集団の存在が共同体性の最大要素であることは言うまでもない。ただ、いかに優秀な専任教員をかかえることができるかが学校存続のカギとなる。さらには、経営や事務業務を担う事務職員も重要となっていることを指摘しておきたい。

 また、2つ目の要素は、長期間にわたるフルタイムの学生の存在である。長期間・フルタイムの学生の存在が、彼らを学校への帰属意識を植えつけ、愛校心を強めていく。さらに、学風醸成の担い手となり、それが学校の個性化へつながっていくのである。

 明治期の慶応義塾大学では、大学課程として5年間、授業時間は午前、午後であった。しかも学生は学校敷地内にある寄宿舎で生活していた。前述<羯南と古島一雄>(80、81)のように、そうした環境の中で「独立自尊」の学風が培われていったのである。

 他大学の学生を見ると、夜間のパートタイム学生が中心であり、しかも寄宿舎はなかった。慶応・早稲田と比較すると、後手に回らざるおえない。

 さて、ここで学風の重要性に触れておこう。学風は連帯感と一体感を生み、共同体性を支える。そして学風は教員と学生との相互作用から醸成される。教員が中心となって引っ張り、学生が担い手となって主体的な活動に表現していく。そして、学風が醸成される場が寄宿舎であった。寄宿舎は学生の自治組織で運営され、教員も学生の作ったルールにしたがって共に生活した。寄宿舎は学生に自律と自立を養う場として、重要な教育機能を担っていたのである。

 ちなみに、現在でも寄宿舎を取り入れている学校がある。国際教養大学は、1年間、全寮制であり、それが英語教育に効果を発揮し卒業生の評価も高い。京都大学では、グローバル人材を養成するための大学院「思修館」を創設したが、そこは全寮制である。世界のリーダーを育成する学校として注目されているインターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢も全寮制である。 

 共同体性を支える3つ目のポイントは、愛校心を持つ卒業生の存在である。明治期、慶応も早稲田も経営の危機に陥ったが、その危機を救ったのが卒業生からの寄付金であった。また、立命館大学では、大正時代に大学昇格問題が起こったとき、卒業生が全国組織を立ち上げ、募金運動を行った。そのことが卒業生の絆を強め、母校への愛校心を再確認させることになった。

 
 ここが企業と異なる点である。現在も卒業生の存在は重要であることに変わりはない。慶応義塾大学は、日本の全大学の中で最も充実した校友会組織を持ち、寄付金や募金につなげている。

 学校存続の本質は、過去も現在も同じである。その基本を外れないで、地道に積み上げて行くことが、学校の永続につながっていくのである。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2015-03-30 09:24 | その他 | Comments(0)
<< <羯南と古島一雄>(84) 私... 閔妃暗殺を読んで⑥ >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧