カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(78) 私立大学評判記(その67)

 「私立大学評判記(二十三)慶応義塾の講堂と食堂」の続きである。
 前回、古島は慶応義塾大学の講堂で行われた朗読講義に失望したのであった。しかし、食堂を目にするにつけ、私立大学教育の将来に希望を見出すことになる。それが以下のように綴られている。少し長いが引用しよう。

 「吾人は幾多失望の念と幾多不平の念に駆られつつ恨を講堂に残して将に辞し去らんとするやフト寄宿舎なる文字の目を射るものあり。即ち請ふて先ず食堂に入る。ただ見る。幾百の食卓列を為して整然たる処、独立自尊の大額は掲げられて正面の一端に在り」

 「一卓十五人を座せしむべく、卓に卓長あり整理の責に任じ、呼ぶにボーイあり。命を聞く飛ぶが如し。堂は優に四百人を容るべき大建築にして能く其の清潔と静粛を保ちたるのみならず、其の賄いの方法が全く寄宿舎生の自治に依りて経営せられたるは吾人の甚だ快とせし所にして、講堂に於いて得たる不平の念は食堂に於いて其の幾分を慰藉したりしは、吾人又喜んで之を白状せざるを得ず」

 なぜ古島は食堂に目がいったのか。それは「従来、何処の学校に於いても寄宿舎失敗の歴史を尋ねれば、毎に賄征伐なるクーデターより来らざるなし」にあるという。

 当時の学生は寄宿舎(学生寮)で生活をするのが常であった。その寄宿舎の食事は運営の難しさから賄業者によって運営されていた。しかし、当時はまだ集団給食事業という近代産業としては確立されておらず、また業者が経費をピンハネすることもあって、食事の内容が貧弱で、学生の要求を満たすものでないことが多かった。そのことに学生が不満を持ち、それが「賄征伐」といわれるかたちで爆発したのであった。

 具体的な内容はさまざまであり、用意された米を全部食べてさらに要求したり、机をたたき茶碗や皿を投げつけて壊したり、時には暴力沙汰にまで行き着くことがあった。そして、賄征伐を起こした学生に対する処分は厳しく、単に謹慎処分から退学に発展することもあった。

 その代表例が、まさに陸羯南の司法省法学校時代である。彼はこの賄征伐にかかわり退学処分となった。ちなみにその時一緒に放校となったのが、原敬、福本日南、加藤恒忠、国分青崖である。

 このように現在では理解しにくいが、当時は賄征伐が頻発し、食堂の運営は非常に困難であった。もちろん慶応義塾大学も例外ではなく、賄征伐で苦労した歴史がある。しかし、古島が見学に行った時期にはすでに賄征伐を克服し、学生自治によりみごとな運営を行っていたのであった。

 その自治の方法については、次回詳しく見てみよう。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2014-10-25 11:03 | その他 | Comments(0)
<< 煙台秋景 中野目徹著『明治の青年とナショ... >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧