カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(77) 私立大学評判記(その66)

 「私立大学評判記(二十三)慶応義塾の講堂と食堂」に入る。本テーマでは、明治30年代の慶応義塾大学での授業と学生生活の様子について取り上げられている。今回はまず授業の様子から。古島一雄は当時の日本全体の大学教育を次のように批判する。

 「教授ありて教育なしとは今日学校の大患にあらずや。知識の供給を知って品性の陶冶を知らざるは今日教師の通弊にあらずや。学校は生徒を顧客とし、生徒は先生を勧工場の商品と為す」

 そして、以下に続ける。

 「生徒の学校に行くと云うものは只だ聴講券を代金を支払ふて講義の買出しに行くのみ。生徒は先生を尊敬する所以を知らず。先生は生徒を愛する所以を知らず。」

 さらに以下のように述べるが、いずれも現在に通ずる批判である。  

 「焉んぞ先生の薫陶あらんや。焉んぞ人物の養成あらんや。故に其先生の講義の如き生徒に十分の理会を与ふる親切心もなければ、生徒も亦た必ずしも其内容を吟味せず、只だ先生が口より発したる音声を紙に写し取りて之れを暗誦し以て其の試験なるものに応ずるのみ今の試験なるものは理解力の試験にあらずして記憶力の試験なり。」

 さすがにその講義方法は現在の大学には残っていないと思うが、記憶力の試験は今でも相変わらずである。
 次に古島が実際体験した慶応義塾大学での授業の様子が語られる。

 「其先生なるものは只だ機械的に自己の手帳を朗読すれば生徒は只だ無意識に一生懸命之を筆記するのみ。彼れ一句是れ一筆。先生口を動かせば生徒手を動かす。故に講堂に在て聴くべくものは先生が朗読の声と生徒のペン先の紙上に触るる簇々の響きのみ。何等の趣味もなければ何等の感興もなく、而かも先生が『何々をリョウテイするや』と読むるや、或は了定と書くもあり、或は諒定と書するもあり、其量定と筆記するものは甚だ稀なり」

 古島は明治政府のための大学である官学より、国民・市民のための大学になりうる慶応に期待を寄せているので、上記の授業方法が彼からしたらことのほか歯がゆくてしょうがないのである。それで以下のように述べるしかなかった。
 

 「其最も官学に抗し其最も私塾的に発達したる慶応義塾に於いては、何等か其特色を保つべき教授の方法あるべしと信ぜしなり、然るに其尤も平凡なる尤も普通なる方法に依て、シカモ最も下手なる朗読講義を聞かされたりしが為め吾人は多大の失望を買はざるを得ざりしなり」

 しかし、古島は慶応の学生生活にあるべき教育の姿をみるのである。それは次回に述べよう。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2014-08-29 08:23 | その他 | Comments(0)
<< 丸山眞男手帖  休刊特別号 発行 羯南の北京での足跡を辿る⑦(最終) >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧