カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
お気に入りブログ


羯南の北京での足跡を辿る⑥

***27日恭親王訪問、醇親王訪問(不在)、粛親王訪問***

 恭親王とは、愛新覚羅 溥偉(あいしんかくら ふい、1880-1936年)のことで、愛新覚羅 奕訢(あいしんかくら えききん、道光帝の第6子)の孫。溥儀(宣統帝)が即位し、政権を担当した醇親王体制下では冷遇され、満州国においては役職に就かず。

 醇親王とは、愛新覚羅 載ほう(あいしんかくら さいほう、1883-1951年)のことであり、清朝最後の皇帝である第12代宣統帝・溥儀とその弟・溥傑の実父、第11代皇帝・光緒帝の弟。

羯南らが、訪ねた時、義和団の乱によるドイツ公使殺害に対する謝罪使としてドイツへ派遣されていた。

溥儀が満州国皇帝になることに反対したため、漢奸とならず中国共産党政権下でも生活が保障された。

邸宅である醇親王府は、西側の庭園(明珠花園)が後に宋慶齢(孫文の妻、中華人民共和国名誉主席)の公邸(現在は「宋慶齢故居」)。東側邸宅部分は国家宗教事務局に転用されているが、清朝の大規模皇族邸がほぼ完全な形で残されている稀少な例となっているという。

 粛親王とは、愛新覚羅 善耆(あいしんかくら ぜんき、1866-1922年)のことであり、太祖ヌルハチから数えて10代目の子孫。義和団の乱から辛亥革命勃発までの10年間に枢要大臣を歴任し、近代化改革を促進。日本より招聘した川島浪速を北京警務学堂の創設にあたらせるなど親日家。川島浪速とは義兄弟の関係を結び、第14王女顕玗(けんし)を川島の養女(日本名川島芳子)とした。

羯南らが、歴史上の重要となる人物や関係者に会う、または合おうとしていたことがよく分かる。

下写真(上)
恭王府

下写真(中)
宋慶齢故居

下写真(下)
醇親王府の碑

しぶさわ
e0106376_23211098.jpg
e0106376_23213114.jpg
e0106376_23214785.jpg

[PR]
by kuga-katsunan | 2014-07-31 23:31 | 紀行 | Comments(0)
<< 羯南の北京での足跡を辿る⑦(最終) 羯南の北京での足跡を辿る⑤ >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧