カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(64) 私立大学評判記(その53)

 今回は「私立大学評判記(十九)」、「慶応義塾大学部(四)」に入る。
 まず古島一雄は、次のように述べる。

 「慶応義塾が其特色を棄ててまでも雄を神田と争はんとする法律部が果たして如何なる成功を見るや否や。殊に其起さんとする文学部が果たして前年の覆轍を踏まざるや否や」

 慶応の特色である英米系学問をドイツ系に変えてまで法律部を前面に出し、神田にある私立法律学校群と争うことに意味があるのだろうか。また一度は失敗した文学部の再興に見込みがあるのだろうかと、古島は問うのである。
 そして、以下に続く。

 「従来世人が重きを慶応義塾に置きし者は其法律部にあらず其文学部にあらずして其理財科こそ実に彼れ義塾の生命として待たれたるにあらずや」

 彼は、そもそも慶応の中心は、理財科(現在の経済学部)であり、“慶応の生命”とまで述べている。

 「義塾出身の先輩者が方今実業界の要地を占むるの事実あればなり。従って世の慶応義塾を言ふものは一種の実業学校として之を見るもの多く実は其法律部あり文学部あるを知らざるなり」

 すでに当時、慶応の卒業生は実業界で要職について活躍する人材が多かった。世間では慶応を実業学校と見ており、法律部や文学部はまったく知らないから学生が集まらないのではないかと、古島は予想している。

 ちなみに当時、活躍中の人物として、次の人々があげられている。
 波多野承五郎、朝吹英二、高橋義雄(以上、三井財閥)、豊川良平、荘田平五郎(以上、三菱財閥)、本山彦一(藤田組)、高島小金治(大倉組)、牛場卓蔵(山陽鉄道)、井上角五郎(炭鉱鉄道)、阿部泰三(明治生命)、原田虎太郎(安田銀行)、山本達雄、伊藤欽亮(以上、日本銀行)
 
 そして最後に、以下のようにまとめている。

 「吾人は慶応義塾が実業界に於いて人材を供給せし偉功を認むると共に其理財科を見る特に注意を要するものあるを認む」

 古島は、慶応においては、学部を増加して学風がゆらぐより、理財科のみで行くべきだと主張したいようである。
 しかし、後世の結果から見れば、法律部も文学部も多くの学生を集め、優秀な卒業生を送り出しだすことになる。“総合大学化”は成功したのであった。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2013-03-24 12:51 | その他 | Comments(0)
<< 長野から伊那、高遠へ 伊東重のこと >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧