カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


羯南の年賀状との対面 

 先日、<切手と文学>というブログに羯南の年賀状を掲載されていらっしゃる方のことを書いたが、ご本人の御好意でお会いして実物を拝見する機会をいただいた。

  http://ikezawa.at.webry.info/201002/article_1.html

 実物はやはり重みがあり、時代が感じられ、久しぶりの羯南の新資料に感慨が深かった。

 興味深かったのは、宛名のところにある、墨のしみ、とのこと。
ひょっとすると、羯南の指紋かもしれません、というお話にウーンとうなってしまった。
編集を担当させて頂いた<東亜同文会報告>に羯南の講演録を見つけた時、思わず羯南の肉声を聞いたかのような錯覚に陥ったが、この指紋には、羯南の指に触れたかのような感触を感じてしまった。

 このお話は、雑誌<郵趣>の2012年3月号の著名人の手紙という連載にも取り上げられているということでご興味のある方は是非ご覧ください。小学生のころの愛読雑誌に久しぶりに対面しました。

 羯南の年賀状については、羯南全集の10巻の補遺に、宇野祐三宛ての年賀状が掲載されている。

  新年之御吉慶千里同風目出度申納候・・・・・・

 この年賀状は明治三十三年元旦となっており、前出の稲垣満次郎あては明治三十年。
宇野は、この年賀状を論文<伊東重と陸羯南>で取り上げられた、弘前の川村欽吾先生の著実によれば

  「現在の黒石市上十川の旧家宇野家の当主の先代で、

  旧派の和歌をよくし多くの明治歌人たちと交流があった」
(川村欽吾「伊東重と陸羯南」東奥義塾研究紀要6号 1972年)

他の書簡もそうだが、この年賀状も含めて整理することによって羯南のソシオメトリーを作成できないだろうか

たかぎ
 
  
[PR]
by kuga-katsunan | 2013-02-17 08:08 | トピックス | Comments(0)
<< <羯南と古島一雄>(63) 私... 旧上伊那図書館所蔵 新聞日本 >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧