カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(44) 私立大学評判記(その33)

 さらに古島の慶応義塾大学と早稲田大学の比較論が続く。

 「之れを以て一は自家の出身教師を中心として、外来の教師に待つ事少なく、一は天下の学者を羅致して、其後れざらんことを是れ力む。」

 ここでは両校の教員の調達に対する特色が出ている。慶応は自前で教員を育て、海外留学に出すなど彼らを中心に、常勤として教育に専念した。一方、早稲田は他大学や官僚から招いた非常勤の教員が中心であった。
 そして、古島はそのことが以下のような問題につながると批判する。          

 「慶応義塾は、塾風を重んじて時代と推移するを知らず、故に其弊や固陋に陥り易く、早稲田大学は、時代に順応して学風を作らんとす。故に其弊や散漫に失するを免れず。」

 慶応は自らの教育風土の中で教員を養成し、かつ日常生活も施設のなかで自己完結しているので、時代の流れに疎くなりがちであり、教育がひとりよがりになる恐れがある。一方、早稲田は時代の潮流に敏感すぎるため、教育の芯が定まらず、学問の本質が伝わらない危険性につながる。このように古島は言うのである。
また、両校それぞれに以下のような学生層の特色がある。

 「少数を以て維持せんと欲するものは、慶応義塾の学校経済策なり、故に勉めて富豪の子弟を招く。多数を以て維持せんと欲するものは、早稲田の経営策なり、故に貧富の差を問はず。」

 これは現代にも通じる特色である。2010年5月1日現在、それぞれの学部生全体の学生数は、慶応28,931人、早稲田44,066人である。早稲田が1.5倍である。慶応は3万人近い学生数であるが、今も少人数教育に重点を置いているし、裕福な階層が多いことも継続している。他方、早稲田は戦後、「マスプロ教育」という言葉を生み、大教室に多くの学生を詰め込んで教育してきた。また、慶応に比べれば学生の親の年収幅が大きい。(橘木俊詔『早稲田と慶応』講談社2008年)

 最後に古島の新聞人としての姿勢が出ている。

 「若し夫の一長一短、仔細に其得失を吟味するに至っては、先ず其各個の内容に就いて事実を観察せざるを得ず。読者諸君、見る所あらば幸に垂示を吝む勿れ。吾人は勉めて諸君と共に之を研究し、公平に之が判断を下さんことを期す。」

 古島は読者に対し一緒に事実を観察し、研究しようと呼びかける。現在の新聞の居丈高な論調とは異なる。実に謙虚である。現代のジャーナリズムにもこういう姿勢があってもいいのではないか。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-07-31 15:39 | その他 | Comments(0)
<< ウラジオストクの井上亀六 <羯南と古島一雄>(43) 私... >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧