カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(40) 私立大学評判記(その29)

 今回は、「(十一)三田の福沢と早稲田の大隈」の後半である。
 
 前回、古島一雄は、福沢諭吉と大隈重信の類似性を批判的に取り上げた。そして、新聞『日本』の同僚とでもいっていい三宅雪嶺が、以前そのことを指摘しているとして以下のように紹介する。

 「骨格の逞ましく、相応の腕力ある所相似たり。理会早き所相似たり。貨殖に巧みなる所相似たり。徒らに金銭を貯蓄せず、能く事業に活用する所相似たり。進んで時勢に順応し、順応すると雖も屈従に甘んぜざる所相似たり。活社会に処し、活社会を動かす所相似たり。」

 さらに次のように続く。

 「学校を設立し、子弟を教育する所相似たり。新聞を使用し、意見を発表する所相似たり。多く部下を有し、其部下が不平を抱きつつ服従する所相似たり。部下の弊短よりして誤解を被る所相似たり。事に当たりて屈せず撓まず、痩我慢を分とし、痩我慢を得る処相似たり。」

 以上のように、三宅も福沢と大隈の類似性を否定的に解説する。しかし、最後に古島は、一転、彼らを評価する。

 「殊に二人者の意地強き、悪く言へば片意地なるものあり。」と始め、まず大隈について以下のように述べる。

 「(明治)二十二年、大隈伯が時の外務大臣として条約改正を断行せんとするや、国論鼎沸、内外敵を受く。烈士の一弾、霞関に爆発し事、中道にして敗れたりと雖も、其能く毅然として大勢に抗したりしは、当時吾人は、敵ながらも其意気地の壮なるに感じたりき。」

 次に福沢について、以下のエピソードを取り上げる。

 「福沢氏の嘗て演説に臨み、其プログラムに、大臣には閣下と書し、福沢氏には只だ『君』と書したるを見、学者の面目に関すると為し、憤然として其会を辞したりしが如き、稍児戯に類するの観ありと雖も、又た其意気地の愛すべきものを存するにあらずや。」

 そして、古島は両者を次のように評してまとめる。

 「而して此の意気地と、彼等の傲慢心とは、福沢氏をして慶応義塾を興して封建の思想と闘はしめ、大隈伯をして専門学校を興して官学に抗せしめたり。大隈伯が学問の独立を唱へ、福沢氏が独立自尊を叫びたるも、皆此の意気地と傲慢心の色彩せられたるものにして、二大学の今日あるは又た此の意気地の賜たるを知らば、二人者の傲慢癖と意気地の功も亦た偉ならずや。」

 意気地と傲慢心を逆手にとって、ほめあげるのは古島の芸当である。また、一方的でないものの見方も彼の面目躍如たるところである。

 ちなみに、実際この二人は盟友であった。大隈は尾崎行雄や犬養毅等の慶応の卒業生を、まだ海のものとも山のものともわからなかったが、当時、自分が監督していた政府機関に登用した。

 また、福沢は大隈が東京専門学校(早稲田大学の前身)を設立するとき、慶応の人材を送り込み、その開校式に出席し祝辞を読んだ。当時、明治十四年の政変で下野した大隈は、藩閥政府から西郷隆盛の私学校のようになることを恐れられ出席することを阻まれたのであった。

 両者は互いの家を訪問しあう仲でもあったという。両雄並び立たずといわれるが、強烈な個性の持ち主である二人が親友とは意外であった。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-03-26 11:17 | その他 | Comments(0)
<< 弘前 陸羯南会 会誌 第一号発行 <羯南と古島一雄>(39) 私... >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧