カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


青木先生と<毛沢東の悲劇>

 今日は青木先生の命日。

 最近、中国関係の仕事にもどったので、昔の中国のことをよく知っている人にお会いする機会が多い。
 時々話題にのぼる本が、この柴田穂氏の書いた<毛沢東の悲劇>である。

 柴田氏は幼き日を中国ですごし、文化大革命の初期を中国で取材した中から生まれた傑作である。
同時代の現象の本質を見抜くことは難しいが、この作品はそれを成し遂げたものといえよう。

 その第一巻の巻頭の<はじめに>に、青木先生のことが出てくる。

「<毛沢東の悲劇>第一巻の発刊にあたって、「サンケイ新聞」への連載を企画、推進された青木前編集局長、藤村現編集局長、出版の企画、作業で私の重い腰を引っ張ってくれた「サンケイ新聞プロダクション」のみなさん、資料の面でご協力を受けた社外の方々に厚く御礼を述べたい。」

 この本が出版されたのが1979年6月、その時、青木先生は既に筑波にいらしていた。
文化大革命が終了して3年、中国もまた大きな変動の時代を迎えようとしていた。

 中国がどうなっていくかは、隣国の小さな島国、日本にとって常に大きな影響を与える。

 羯南が生きた時代も、結果的には欧米列国の植民地政策の前に、もっとも大きな<市場>であった中国が蚕食されている間に日本は近代化を果たして現代へ繋がってきている。

 日清戦争の終結後のアジアの国際環境の中で、日本の生き残りをかけて<支那保全>を掲げた人々がいた。
 近衛篤麿が会長、羯南が幹事長を勤めた東亜同文会である。
 その発起書は羯南が書いたものといわれている。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-12-16 21:00 | トピックス | Comments(0)
<< <羯南と古島一雄>(37) 私... 陸羯南と素晴しき仲間たち >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧