カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(35) 私立大学評判記(その24)

 「(九)私立大学と年限」に入る。 
 古島一雄の文部省批判はさらに続く。

 「世間知らずの役人が、此の至重の大問題(※高等学校と大学の接続問題)を、机上の空論の依って解決せんと欲するが如きは、余りに其大胆なるに驚かざるを得ず。」(※筆者注)

 当時、帝国大学へ進学する経路としては、高等学校の予科を卒業して入学することが一般的であった。しかし、高等学校予科へ入るには激しい入学試験を突破する必要があり、中学卒業(16歳ぐらい)後に浪人し受験勉強に2~3年を費やすことが多かった。そうなると結局、大学卒業が、30歳近くになってしまうケースも少なからずあった。

 一方、私立大学へ入るには、私立大学が設置する予科を経て進学することになっていた。しかし、この予科は、実質、官立諸学校(医学専門学校等)の予備校ともなっていたのでる(もちろんそのまま私立大学へ進学する生徒もいたが、官立諸学校への進学者の方が多かった)。

 以上のように中学・高校・大学という接続について、制度上の想定卒業年齢(尋常中学校17歳、高等中学校20歳、帝国大学23~24歳)を上回り、大学卒業までに時間がかかりすぎるという問題があった。

 そして、古島は以下のように修業年限の問題を取り上げる。

 「修業年限長きに過ぐと云うもの、何を以て長しと云う乎。修業年限短しと云うもの、何を標準として短しと云う乎。其標準の確立ぜざる以上は、長きも亦た可なり、短きも亦た可なるにあらずや。」

 その時代、大学や予科の修業年限は統一されていなかった。例えば、東京帝国大学の法科は4年、京都帝国大学のそれは、3年であった。一方、私立大学は、3年である。

 また、予科については、慶応義塾大学は2年、早稲田大学、明治大学、東京法学院大学(現・中央大学)、日本大学、法政大学は1年半であった。一方、帝国大学の予科としての存在である高等学校予科は、3年であった。

 予科は、大学の教養課程と考えてよく、特に語学が重要であった(当時の大学は西洋の学術文化の導入を重視し、特に英語が重要であった)。なぜ私立大学と帝国大学に年数の違いがあるのか。私立大学側の説明は、高等学校予科は、外国語の修得で2ヶ国語が必要であるが、それからすれば私立大学は、1ヶ国語(英語)だけでいいので、私立大学予科の修業年数は高等学校予科の半分の1年半になるということであった。

 ここで、古島は私学を大いに弁護する。

 「学期長きが故に尊からず、学年短きを以て廃すべからず。」

 しかも、私立大学は、帝国大学に比べ、修業年限が短いにもかかわらず優秀な人材を輩出しているという。

 「文官試験の成績に徴すれば、曾て予科もなかりし三年の私立専門学校生が、却って六年間の大学生を圧したりし実例を有するにあらずや。」

 すなわち、文官試験では、予科を経ず、3年制の専門学校を卒業して、合格するものもいる。帝国大学では、予科を経るため、早くて6年(京都帝国大学の場合)かかるのであり、私学は、帝国大学を圧倒しているのというのである。  

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-10-22 10:08 | その他 | Comments(0)
<< 成田与作のこと 2 羯南 You Tubeに登場 >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧