カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(34) 私立大学評判記(その23)

 今回は、「(八)私学と文部省」の後半を取り上げよう。 
 古島一雄は、引き続き文部省の私学への圧力について次のように批判する。

 「従来文部省の為す所は、往々其事務の管理者たる職分を超えて、直ちに其学問教育を制度の上に統一せんと欲す、是れ大なる根本的謬見にして、此謬見は、文部省の官吏をして過度の干渉を私立の学校に行はしむる所以なり。」

 当時の文部省は、私学の事務管理ばかりか、研究や教育までにも口出ししたのであった。しかも、「大学なるものは、法医文工理農の各分科より成らざる可からず」と法令を根拠に、単科大学を認めなかった。
 古島は、以下のように憤慨する。

 「さりとて一科より成る大学は大学に非ずと言えるが如き、井上(哲二郎)的、文部省的解釈に与みする能はざるなり。」

 さらに具体的な例をあげて文部省批判を続けて行く。専門学校を開校しようとすれば、その教員は文部大臣の許可もしくは指定を取得しなければならないし、その入学希望者は、文部省の指定した学校の試験を受けなければならない。

 また、中学の教師を養成しようとすれば、どこかの学科を指定する必要があり、教員養成課程の科目も決められている。
 古島は、「彼等は殆ど其職種を乱用して、飽迄其教育学問を画一にせんと欲するに似たり。」と断言する。

 前回も述べたように、こうした状況は、現在もあまり変わらない。今も大学の新設や教員養成課程の設置の許認可権は文部科学省にある。ちなみにアメリカの場合、大学新設は非営利の認定団体が認定(accreditation)するという制度が採用されている。

 日本の私学は依然として文科省に頭が上がらない。しかし、古島の批判には現在に通じるものがあるのではないか。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-09-17 10:47 | その他 | Comments(0)
<< 陸羯南会たより 秋季大会の御知らせ <羯南と古島一雄>(33) 私... >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧