カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
お気に入りブログ


<羯南と古島一雄>(30) 私立大学評判記(その19)

 「<羯南と古島一雄>(27)」で紹介した明治36年(1903年)11月3日付、新聞「日本」に掲載された日本大学の広告から、もう少し当時の私立大学の実態を見て行こう。

 「(27)」では、中心である専門部の内容を取り上げたが、それ以外の部・学科として、大学部、高等専攻科、高等師範部、大学予科、外国語専修部の5つが設置されている。まず、それらを以下に紹介しよう。   

 大学部は、専門学校令(明治36年公布)により新たに設置されるものであった。入学資格は、高等学校卒業生、当大学の大学予科卒業生、または、中学校卒業程度で当大学入学試験に合格した者となっており、当時としてはハードルが高かった。ちなみに授業開始は、明治37年(1904年)9月であり、ずいぶん先である。

 一方、高等専攻科は、入学資格が当大学か、他の法律学校または外国大学の卒業生に限定されていて、実質、行政官僚や判事検事の登用試験の対策講座として機能していた。また、高等師範部は、入学資格が中学卒業または師範学校卒業生ということで、教員免許資格を取得することが目的であった。

 大学予科は、当大学の大学部に進学するためのコースであった。しかし実態は、ここで勉強した後、官立専門学校へ入学するものも多数いた。いわば予備校的な要素を備えたところであった。

 そして、外国語専修部では、英語とドイツ語を学ぶことができた。目的には、「中等教育の外国語教員たらんとするもの及び帝国大学高等学校官公私立専門学校等の入学希望者若しくは会社銀行員等一般に外国語研究の必要あるものの為に適切なる教授をなし僅かに二年四カ月にて外国語専門家を養成す」と記載されている。

 授業開始は、夕方6時からであり、当初は昼間に開講する大学予科と同様の機能をねらったようだが、これも実態は、高等専攻科や専門部を補完する試験対策的なコースであった。  

 当広告に記載されている特典と授業開始時間に注目すると、当時の日大の苦悩が見えてくる。

 専門部と同様に上記の部・学科に共通して強調されているのが、「特典」である。それは「(27)」でも取り上げた徴兵猶予のことである。実際に翌年(明治37年)2月には、日露戦争が勃発するのであり、やはり徴兵を逃れるためには大きな魅力だった。

 そして、授業開始時間である。
 それは、大学予科を除いて、他はすべて午後4時からの開始(ただし、外国語専修部は午後6時から)であった。当時の日大は、「パートタイムの学校」であり、すなわち、職業を持った人の学校だったのである。

 また、当時の学生に次のような証言がある。
「入学者の中には下級官僚が一番多かったように記憶する。小学校の先生。代言人の書生、新聞社や雑誌の記者など二、三いた。」

 日大は、苦学生のための学校だったのである。彼らは、少しでも待遇のいい職業を目指し、できれば高級官僚や判事検事になるため、その国家試験合格のために夜間、通ったのであった。

 だから学生の授業料収入に依存する日大としては、多様な受け入れ先を用意する必要があったのである。
 こうした状況は、他の私立大学も同様であった。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-05-30 19:41 | その他 | Comments(0)
<< <東亜時論> いよいよ復刻 大連旧影 大連図書館から >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧