カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
お気に入りブログ


<羯南と古島一雄>(29) 鷲尾義直について

 高木主筆が購入された古本(鷲尾義直著『古島一雄清談』)は、偶然にも鷲尾義直本人から野田琢二に贈呈されたものであった。その本の中には、古島の新聞の死亡記事の切り抜きや古島が野田宛に出したハガキ、はたまた鷲尾と野田両人が古島の自宅前に並んで写っている生写真までが入っていた。(詳細は本ブログの2010年3月参照。)

 今回は、鷲尾の評伝『温軒鷲尾義直の面影』(昭和31年(1956年)発行、非売品)が入手できたので、彼について紹介したい。

 鷲尾の主な活動は、師と仰いだ犬養毅を20年以上にわたって文筆により支えたことにあった。具体的には、大正2年(1913年)に犬養を会長として興った大日本青年協会の機関誌『青年』の記者に始まり、すぐに主宰となり、そして大正13年(1924年)に後継誌である『木堂雑誌』を主宰として刊行、青年木堂会を創立した。

 昭和6年(1931年)には犬養内閣発足とともに、内閣嘱託として総理秘書となった。犬養が五・一五事件で凶弾に倒れた後、昭和13~14年(1938~39年)には、『犬養木堂伝』全三巻を著した。いわば生涯を犬養の政治思想の広報担当として活躍したのであった。
 したがって、犬養の親友であった古島とも親しかった。

 鷲尾は、明治20年(1887年)に秋田県能代市に生まれた。父は神職兼小学校教師であり、内藤湖南と親交があった。彼も最初の職業は教員であったがまもなく辞め、その後、秋田魁新聞、世界雑誌等の記者として活動した。

 また、大正14年(1925年)に県外在住者の友好を図る目的で『秋田県人雑誌』を創刊、その後は、夫人のよし子が『秋田』と改名して引き継いだ。

 著作は50以上あるというが、代表作は『犬養木堂伝』である。もちろん古島に関するものも多く、評伝を得意とした。

 身体は、長身痩躯で幼いころから病弱だったようだ。しかし、無欲恬淡、温厚で飄々とした風貌により、犬養から温軒という雅号を送られた。

 しかし、酒をこよなく愛し、最期は、アル中が原因で亡くなった(昭和30年(1955年)没)。犬養と知り合う前の記者時代に苦労を重ねてきたが、犬養の雑誌の主宰となっても経営に苦慮し、金銭的には恵まれなかった。また、先妻に病で先立たれ、後妻のよし子との夫婦仲も良くなく、周囲が心配していたようだった。

 彼の死後、有志によって評伝が残され、石碑も建てられたように、人間として多くの人々に親しまれた人であった。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-04-29 10:17 | その他 | Comments(0)
<< 阪井久良伎(2) 陸羯南の書簡① 聴剣松永彦右衛門 著<樺太及勘察加> >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧