カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(27) 私立大学評判記(その18)

 前回、古島一雄は、私立大学の学生募集への苦衷の例として日本大学に触れていた。今回は、さらに実際の広告でその具体的な内容を見てみたいと思う。以下に明治36年(1903年)11月3日の新聞「日本」に出ている日大の全面広告を取り上げて紹介しよう。

 まずこの広告は、何といっても「日本大学」の文字が、一番上の全1段を貫き、白抜きで黒ベタを背景として印刷されているため非常に目を引く。(それだけ“大学”という名称に価値を認めていた。)そして、教育部門として専門部、大学部、高等専攻科、高等師範部、大学予科、外国語専修部の6つが掲載されている。   

 中心となる専門部は、「講師」「学科」「特典」「入学試験」の4項目が掲げられ、「講師」については以下の説明がある。

 「高等文官試験委員、判事検事弁護士試験委員たるべき人多数を占む。随て此等の競争試験に於て常に優等の成績を得たり」

 まさに古島の記述通りである。
 また、次に「学科」として、受講できる科目が並べられている。

 「民法、商法、破産法、刑法、刑事訴訟法、民事訴訟法、憲法、行政法、国際公法、国際私法、羅馬(ローマ)法、財政学、経済学、法学通論、警察監獄学等」

 現在の法学部の専門科目とあまり変わらないようである。
 そして、「特典」としては、次のように書かれている。

 「専門部特別生は在学中徴兵猶予の特典あるのみならず卒業後は更に一年志願兵をなすことを得」

 この特典が学生募集を有利に展開することにつながっていたので、単独で扱い強調していることがわかる。   

 「入学試験」については、以下の表現となっている。

 「専門部法律科普通入学試験 十一月八日午前九時より施行す。専門部特別入学試験(徴兵猶予の特典あり) 十一月八日午前九時より施行す。但中学校卒業生は無試験入学を許す。専門部二年三年編入試験 十一月九日午前九時より施行す」

 専門部には、徴兵猶予の特典がある特別コースとそれがない普通コースが存在することがわかる。また、中学校を卒業していれば無試験であり、2年生や3年生への編入も可能であった。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-03-30 18:45 | その他 | Comments(0)
<< 千葉県佐倉市立美術館浅井忠<松... 日本新聞と朝日新聞  安藤正純遺稿 >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧