カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(19) 私立大学評判記(その12)

 今回も「(四)私立大学の勃興」が続く。
 古島一雄は、明治30年半ばの私立大学の実態を次のように暴いている。 

 「従来法律学校に於ける特別学生若くは第一種生と称するものの大部分は、必ずしも其学校に入りて其学科を修めんと欲するにあらず、其多くは、徴兵猶予の特典の下に、他の各種学校若くは専門学校に入るの準備を為しつつあるものにして、他の入学試験あれば直に之れに応じ、幸いにして及第すれば其の籍を転ずるも、落第すれば依然として其の学籍に止まるものなり。」

 すなわち当時の学生の本音は、法律学校を卒業して、その知識を生かすべく法律関係の職業につく、ということが目的ではなく、徴兵から逃れるため、その特典のある「特別学生若くは第一種生」となれる正規課程(多くは「本科」といった)に入学したい、ということであった。

 しかし、本科は、入学基準が高く、入試をクリアしないと入れなかった。ただ、各法律学校とも「別科」という徴兵猶予の特典がない非正規課程を設けており、そこは入試がなく誰でも入学できたので、とりあえずそこに入って本科を目指したのである。とにかく徴兵猶予の特典を手に入れるために本科を目指すのであるから自分が在籍する学校でなくとも、他の学校の本科でもよかった。

 さらに古島は、次のように続ける。

 「従って其の三分の二は、他校へ転籍すべき目的の下に在るは、学校其物も之れを知らざるにあらず。然れども学校が、此等生徒の為めに得る所の月謝は、経済上内々の所得として利する所の多大なるを以て、黙々として之れを看過したりしのみならず、甚だしきは特典の看板を掲げて其の入学を奨励したりしなり。即ち学校は、特典の名の下に学籍を貸して月謝を得、学生は月謝を払うて学籍上徴兵猶予の特典を得、二者交々其利を計りつつありしなり。」

 結局、当時の私学は経営を維持するために、授業料が必要であり、それを別科が補っていた。別科の学生数は、本科を圧倒し、学校にもよるが、本科の数倍もあった。ある意味、別科は、本科への予備校的な存在でもあった。しかし、以上のような状況を学校側も学生側もともに甘受していたのであった。
 さすが、古島の分析力はたいしたものである。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-09-30 08:55 | その他 | Comments(0)
<< 弘前:「陸羯南会」たより 第二号 井上劍花坊(7) >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧